So-net無料ブログ作成
検索選択

一角形。 [日記]

朝、寝起きにゆっくん(四歳児)とお喋りをしていた。今日は幼稚園ないしね。のんびりですよ。
ゆっくん「ゆっくんの顔はまるい。ぱぱの顔はながさんかく」
俺「あーそうね(テキトーな返事)」
ゆっくん「いっかくけいは……」
俺「一角形なんてないよ」
ゆっくん「いっかくけいは、まるのことだよ」
俺「(苦笑)いや……」……え? 一角形が丸? 一本の辺と角度があって……もしかすると、そういう解釈って可能?

wikiで調べてみました。
『……ユークリッド幾何学では、辺の長さが無限大に発散してしまうため、存在しえないと考えられるが、球面幾何学では、辺を大圏コース上に設定することで、有限の一角形を描くことができる……』
ぐう、四歳児め、数学的素養のない父親に対して、何たる仕打ち。

……つまり、平面上で考える幾何学では、直線を伸ばしても交わることがないため、一角形は存在し得ない、とされ、球体をベースとする球面幾何学では、直線も(衛星の軌道のように)一周して閉じるために、一角形が成り立つ、ということらしい。じゃあ、一角形は丸、で一応合ってるじゃん。
子供の頭って、ほんとに柔軟なのね。いや、ひょとしてうちの子が天才……(←親バカ)。
トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。